防弾アラサー団

このまえ乗った飛行機が防弾少年団と同じ便だった

 

空港について入国審査に並ぶ

 

ほど長いalienの列

 

alien達が向こうに渡っていって

 

遂に目の前の人が通過したとき

 

alienの若いギャルが一人

 

息をハアハアきらせてかけよってきた

 

ぺこ&りゅうちぇるのぺこに激似のその女が

 

英語で話しかけてきた

 

息をハアハアきらせて早口の英語を話すもんだから

 

何を言ってんのかさっぱり分からなかった

 

最初はアブナイ奴だと思った

 

目をじっとみて、身ぶり手振り

 

その格好と状況から女の目的を察した

 

その女はきっと防弾少年団のペンで

 

一刻も早く向こう側に到着し

 

出待ちをしたかったんだろう

 

中国人だったと思う

 

あまりに急いでる様子を

 

わざとらしく伝えてくるので

 

同じように極力素早くどうぞ行ってくださいと

 

拙い英語と手振りで伝えた

 

ぺこが私にこれでもかとお礼を言ってきた

 

正確にはこれもなんていってんのか

 

わかんなかっけどんそな感じだった

 

同時に勝手に自分の順番を一つ譲ったけど

 

後ろの人に悪いなとおもった

 

もう夜も遅かったから

 

審査をパスすると案の定人だかり

 

カメラも大勢待ち構えていた

 

そのなかをのっそり歩いて

 

真っ直ぐ異国のホテルに向かった

 

防弾アラサー団は誰にも歓迎されず

 

酒をのみ眠った