死線をくぐる

前の職場の営業に30歳の人がいた

 

 

 

その人は俗にいう仕事ができない人で

 

 

 

上司らからサンドバッグにされていた

 

 

 

怒号を浴びせられゴミクソをみる目でみられる

 

 

 

子供が二人もいる大人なのに

 

 

 

 

後輩たちに役職も抜かれ万年平社員

 

 

 

 

悲愴だった

 

 

 

 

不思議だと思ったのは

 

 

 

その人はそんな状況下でいつもへらへらしていたことだ

 

 

 

 

何をされても無にするくらいのへらへらさ

 

 

 

 

 

たぶんその人は本当は真面目にしようと励んでいても

 

 

 

 

人とのコミュニケーションを曖昧にしてしまう

 

 

 

 

癖があったのだと思う

 

 

 

 

 

しかし周りからは何も考えていない馬鹿のようにみえた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日その人の卓上カレンダーをみると

 

 

 

1日1日過ぎた日付に斜線をつけていた

 

 

 

ゾッとした

 

 

 

こんなの出所を待つ受刑囚だ

 

 

 

 

 

 

 

それからしばらくしてその人は退職した

 

 

 

 

最後の方は転職先も決まっており浮かれてたのか

 

 

 

自分は浮気をしているんだと教えてくれた

 

 

 

やはり馬鹿なのは違いなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからしばらくして私も退職した

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする