アタリマエのこと

HYに自分を投影する中学生

 

 

 

男はラップパートを必死で覚え

 

 

 

女は泣きそうな声で感情を重ねるフリをする

 

 

 

それはあの頃の彼らの正義

 

 

 

一方私はナンバーガール鉄風、鋭くなってを歌い引かれる

 

 

 

 

しかしそれも同じことだ

 

 

 

 

つまりアイデンティティーの不安定ささ

 

 

 

 

ハリボテの独個性が空回りした、稚拙な投影

 

 

 

 

 

あの頃の彼らが現代にも現代の彼らの正義をもって存在している

 

 

 

 

 

そしてそれは素晴らしい

 

 

 

おままごとは永遠に遊ぶことを許されない

 

 

 

許されないことを許されないと知らずに終えてしまうから素晴らしい