鍵垢太郎

 

 

 

昔々あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました

 

 

 

子宝に恵まれなかった老夫婦はせめて死ぬ前にと

 

 

 

自分達の垢で子供に見立てた人形をつくりました

 

 

 

 

翌日奇跡がおこりました、人形に命が芽生えたのです

 

 

 

 

老夫婦はその男の子に垢太郎という安易な名前をつけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垢太郎はSNSが大好きでした

 

 

 

 

 

 

 

 

垢太郎というDQNネームが故に現実社会で虐められた経緯もあり、インターネット上の距離感をたいそう気に入っていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意味深なメンヘラ短文を投稿してみたり

 

 

 

 

頭のおかしいフリをして自分の価値観はユニークかつシュールなものだと世間に訴えてみたりもしました

 

 

 

 

 

 

アニメアイコンはお気に入りの美少女キャラでした

 

 

 

 

 

 

ニュース投稿にペラペラの持論を被せては、頻繁に更新をしました

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は少なかったフォロワーも千、万と気づけば大変な人気者になっていました

 

 

 

 

 

 

 

「シメシメ、こいつら俺に夢中やな」

 

垢太郎は思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、盛りあるものは必ず衰えます

 

 

 

垢太郎の浅はかな発言はやがて物議を醸し

 

 

 

炎上するようになりました

 

 

 

 

 

 

「ヤレヤレ、まいったで」

 

 

 

 

 

 

垢太郎は遂に見ず知らずの人に住所を

突き止められる等しました

 

 

 

 

 

 

 

これに懲りた垢太郎はアカウントに鍵をかけました

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして彼は鍵垢太郎と呼ばれました

 

 

 

 

 

 

 

その後、彼は同じ類いのコミュニティの中で

平和に細々と暮らすこととなりました

 

 

 

 

 

 

 

「足るを知る」

 

彼のbioにはこの一文がポツリと書き記されていました

 

 

 

 

 

 

 

お爺さんとお婆さんは死にました

 

 

 

 

鍵垢太郎はそれを内緒にして年金を不正に受給して暮らしましたとさ

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたしめでたし