あの頃の京都をロストしていくオレたち

安定した仕事をしている先輩が

 

 

「いつでも辞める覚悟はあります

 

 

何かあれば言ってください」と言った

 

 

私は真面目に粛々と働いている

 

 

先輩みたいな人間にはなれないし

 

 

強い憧れを感じた

 

 

粛々と生きるか、

 

 

信念のために生活を放棄するか

 

 

人間として

昼寝ストーリー

うだる暑さの夏、私は任務を遂行する為に

或るアジアの国に同僚を1人連れて潜伏した。

 

目的地を目指し移動するが現在地が分からない。

 

「何かこの土地のトレンドの食べ物を食いたいなあ」

 

ケバブとかロブスターロールみたいな?」

 

私たちは楽観的にものごとをみていた。

 

その時同僚が「あっ」と何かを見つけて駆け寄った。

 

地面をみるとそこには金属のプレートに

東西南北を示す図がかかれていた。

 

自分たちの進んできた曖昧な記憶の中の道が、

明瞭な線となって浮かびあがったように思えた。

 

そのプレートの近くでは同じように白人の男女があれこれ揉めていた。

 

この国は複雑なつくりをしているらしい。

 

 

 

目的地までの大まかな道がわかり、

私たちはすぐ車に乗り込んで道路をまっすぐかっ飛ばした。

 

その途中、曲がった道の路肩で悲惨な現場をみた。

 

先に潜伏していた同僚3名が

殺虫スプレーを喰らった夏の害虫の如く、

きれぎれにガードレールにもたれかかっていたのだ。

 

急いで車をおりて事情を聴いた。

 

この曲がり道で事故にあったようだ。

 

彼らのうちの一人は肩を脱臼。

 

一人は腕を骨折。

 

一人の女性はただ涙していた。

 

その曲がり道は登り坂で崖のようになっており、

ガードレールのすぐ下を覗くと、

1軒民家があってその庭に1人サングラスをかけた痩せた老人が立っていた。

 

私はここにきた仲間の中で唯一、

少しだがこの国の言葉を話せる。

 

英語を織り交ぜ、拙いが最大の尊敬語を用い、

現状とレスキューを呼んでほしい旨を老人に訴えた。

 

コミュニケーションが完了するのに時間が掛かったが、

この「レスキューを呼ぶ」という要求は果たされたようだった。

 

負傷した者の中の腕を骨折した

出っ歯で背の低い同僚が安堵したのか

 

「俺はよお、この国の国籍をとって、往生するつもりなんだ」と言った。

 

 

 

 

 

さっき昼寝したときにみた夢、

 

文字に起こすと全然面白くないし意味不明。

 

 

けれど夢の中の登場人物がみんな

 

 

自分の知っている人で面白かったんだあ~

 

 

えっへへへへへへへへへへへへへ~

 

 

生活原理主義者

変化はこわい

 

 

 

損をするのはいやだ

 

 

 

不確実は人を不安定にする

 

 

 

だが破壊をしなければルーティンや概念は打破できない

 

 

 

リスクは負だけを指した言葉ではない

 

 

 

 

何だか投資初心者の頑張るぞブログみたいになってきたが

 

 

 

これはゲームやギャンブル、挑戦ではなく

 

 

 

ただの生活の一部だ

 

 

営みの中の調整、或いは改善

単純作業

2016年の初めごろ、

 

 

これから短い間に自分のライフスタイルが

 

 

 

この先の人生が、

 

 

 

まったく変わることになると確信していた

 

 

 

 

何故なら全部変えてやろうと決意していたからだ

 

 

 

 

一番大きいものは仕事、

 

 

 

 

それから住む家や行動範囲

 

 

 

 

何もかも変わった、

 

 

 

変えた、変えることができた

 

 

 

何かすれば何かは変わるんだ

 

 

 

 

だからわかるんだけどまた短い間に

 

 

 

私の何かが決定的に変わる

 

 

 

いまそうある為に何かをしているから

 

 

 

 

当たり前のことなんだけどね

 

 

 

ロボットでした

平常心を保つ必要がある

 

 

平常心を保つには

 

 

 

①ルール、原則を定める

 

 

②鵜呑みにせず客観性、データを基とする

 

 

③ゴールを決める

 

 

④不必要な干渉をしない

 

 

⑤身を引くことを厭わないこと

 

 

 

 

 

余剰資金の30%くらいを投資に充てようと思う

 

 

 

いい歳をした大人になったから

頭のビョーキ

今日は年に1度の何か本当にヤバイ日で

 

突然特定のたった3桁の番号をきれいさっぱり忘れたり

 

位置の決まった物をいつもとちがうところに戻そうとしたり

 

サイドミラーも見ないで車線変更しようとして事故寸前だったり

 

頭がボーッとする日で片付けるとそれで終いだけど

 

何かの脳の欠陥のように感じている

 

 

いつもはこんなことないのだけれど

 

 

 

というのも昔から年に1回くらいのペースで

 

 

ある瞬間から突然脳が鈍くなる

 

 

ある日ではなく、ある瞬間から

 

 

今日は立体駐車場の3桁の番号を入力しようとした

 

その瞬間からその状態になってしまった

 

 

 

 

過去一番酷かったのは、

 

 

下校時に突然猛烈な頭痛に襲われた時で

 

 

帰宅した頃には言葉を忘れてしまい

 

 

頭には浮かぶのだけど

 

 

口に出して発することができなくなった

 

 

そして片方の腕が痺れてきて

 

 

遂に動けなくなった

 

 

どうすることもできなかったので

 

 

寝たのだが、起きると治っていた

 

 

 調べてみると脳梗塞の予兆に似た症状らしい

 

 

 

頭のなかに血かなにか塊があって

 

 

年に1回のペースで詰まるのかもしれない

 

 

くわばらくわばら

 

 

ヘッドスパしたら治るかな

 

 

 

シメシメ戒め

人が数値であらわされる場合

 

 

 

例えば年収とかね

 

 

 

私は転職をして給料が大幅に下がった

 

 

 

といっても自分の歳頃の平均年収をもらっているから

 

 

 

それはとても有り難いことなんだけど

 

 

 

それでもこれまでの生活レベルでは

 

 

 

どうにも毎月の収支が赤になってきた

 

 

 

住民税の天引き開始と自動車税の引き落としが重なって

 

 

 

 

ハッと気づかされた、このままじゃ破産する

 

 

 

 

でもこれは全て自分で決めたことだ

 

 

 

 

くよくよしていても仕方がない

 

 

 

 

 

収入が少ないのなら支出を抑える他ない

 

 

 

 

現在位置の確認と改善

 

 

 

 

 

今日は帰りに800円のブラックニッカ700mlを購入した

 

 

 

安酒で結構

 

 

 

 

心まで貧しくなったら終わり

 

 

 

 

暗い貧乏なんてみてらんない

 

 

 

 

 

貧乏になって何故か心が晴れている

 

 

 

 

これは祝福なのだろう

 

 

 

お金がないならあれをして過ごそうとか考える

 

 

 

 

幸いなことに転職をして時間はたくさん手に入れた

 

 

 

 

 

お金があったときは少ない時間の中でやっきになって浪費した

 

 

 

 

 

とらわれずとも生きることができる

 

 

 

 

 

これは祝福なんだ