読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライクアローリングヒューマン

先週いつも使っているライターを失くした

 

ハラハラドキドキしたいから、

 

煙草を吸うときラブホのライターを使っている

 

果たして何人が「やんちゃな子猫」という文言に気づいただろうか

 

 

 

 

 

頭を空っぽにしたい

 

 

過去の失態や恥

 

 

現在のしがらみや恐怖

 

 

生きるというのはもっと受動的でもいいんじゃないかな

 

もっと無目的でもいいんじゃないかな

 

教えて釈迦釈迦

 

 

見失ったり、忘れたくなったり、見つけたくなったり

 

 

忙しいのが楽しいか?

世界の無関心と自意識について

お粗末な、未熟なまま大人になってしまったから

 

社会にでてから色々なものを壊されたり失くしたりしてきた

 

けれども、そういったなかで気づいたり昇華したものがあって今に至っている

 

 

 

 

 

映画ファイトクラブでブラピが「自己改善より自己破壊だ」と言っていた

 

この台詞とは本旨が異なるが、共感する

 

これまでは不器用なので破壊されること、打ちのめされることでしか現実を認識できなかったから

 

 

 

 

 

現実というのはいつだって恐ろしくみえる

 

無限の要求が足りない頭に襲いかかる

 

確かにそうだが、

 

 

案外そうでもないのかもしれない

 

 

 

 

 

そうして破壊を繰り返した経験は

 

 

視点を変えたり、冷静になれたときに

 

必ず役立つし、本質を見抜ぬこうとするのを学ぶからだ

 

 

 

あくまで個人談でしかないが

 

 

 

善く生きようとすればきっと好転するのだろう

 

 

そう信じている

 

 

 

本当に必要なことはごく僅かだ

 

 

本当に要求されていることはシンプルなことだ

uncontrollable

今ひとつの日常が壊れようとしている

 

 

この事象に関しての判断をしなければならない

 

私は自分の身に起きることは結果だと考えている

 

例えば環境とか不遇とかも自分の結果だ

 

目的があれば行動をするわけで

 

日頃それらに関して不満はあまり感じない

 

今回自分に起ころうとしている事象も結果だと思う

 

 

ただ今回の事象は他者が絡んでいるので

 

単純な私自身の結果ではない

 

つまりのその他者の結果でもある

 

 

 

その人は短絡的で視野がせまいように思う

 

何故目的があれば改善しようとしないのか

 

何故自分の首を絞めたままそれを放そうとしないのか

 

 

その人からはよく冷たいだとか心がないだとか言われたことがある

 

 

 

 

ひとつもわからない

 

 

 

ひとつもわからないけれど、できれば壊れないで欲しい

 

 

だからちょっっっとだけつらい

目と天井

ビョーキになったのかもしれない

 

不眠症というビョーキ

 

 

今週はろくに寝ていない

 

 

仕事中死ぬほど眠くなるんだけど、

 

 

帰宅して布団に入ると目が覚めてしまう

 

 

 

いまもその状態でここに文字を入力している

 

 

身体は眠み0疲れみ100って感じ

 

 

こうやっていると仕事のストレスで寝つきが悪かった頃を思い出す

 

 

ジメジメと暗く、狂いそうな日々だった

 

 

もうそんな日々も終わったのに

 

 

 

 

 

 

眠れずに夜を明かす最中、3時半位からかな

 

 

 

 

まるでいま地球上には自分しか存在していないような気分になる

 

 

 

 

音が一層なくなるからさ

 

 

 

寝ようと意識するから眠れないのかもしれん

 

 

 

 

 

不純な意識に囚われず何事にも潔くいようね

暑い日は酒浴び

きょうの記録は残したい

 

 

2015年の秋、いまから1年半くらい前に

或るパーティで知り合った人間がいる。

 

 

それっきり連絡はとっておらず、

いきなりその人間から連絡がきて

のっけから飯を食いに行こうと言われた。

 

 

 

その時は、パーティで知り合った人間かも

分からずうろたえた。めちゃくちゃこわかった。

 

その連絡にはシカトをきめてやろうと思ったが

その人間は私と知り合いである証拠に、

当時、超楽しそうな私とツーショットの写真を送ってきた。

記憶がフラッシュバックする。

こいつは知っている人間だ。

 

 

 

しかし、私はクロだと思った。

その意味は、そんなことをするやつは

壺を売り付けたいやつか、アムウェーイ

したいやつだと思ったからだ。

 

 

 

これまでの経験からしてこの確率は非常に高いものだと思った。

 

 

 

判断に苦しんだが、連絡を返すことにした。

何せ普段仕事を定時で帰るので、暇だから。

 

 

 

もしクロなら適当な理由をつけて帰ればいい。

 

 

 

連絡を返し、話が進み、結局そのパーティに

参加した相手の友人(こいつも覚えている)と

当時一緒に参加した私の友人の4人で飲みにいくことになった。

 

 

 

 

 

待ち合わせの時間、連絡をとっていない方

つまり連絡をとってきた人間の友人と

私と私側の友人の3人が先に落ち合った。

 

 

 

 

大衆串カツ屋に入り、注文をする。

 

 

 

 

連絡をとってきた人間は仕事で遅れてくるとのこと。

状況から考えてますますクロだと思った。

 

 

 

ああ、このあと「夢は何ですか」とか

金持ち父さんの話をするのだろうと思った。

 

 

 

 

少しして遅れている人間(私にいきなり連絡をとってきた人間)が最寄駅に着いたということで、目の前の敵が駅まで迎えに行った。

 

 

 

 

 

迎えに行く前に、目の前の敵は

「遅れてくる友人から話があるから聞いてほしい」と捨て台詞を吐いた。

 

 

 

 

 

敵が援軍を呼びにいく間、私と友人は話をした。

「9割クロだと思う」私たちの意見は一致した。

 

 

「遅れてくる方がリーダー的存在であり、マルチの勧誘をしてくるに違いない」

 

 

 

 

そして、敵がきた。

遅れてきた方はすごく明るく話のうまそうな人間だった。

 

 

(典型的なやつだ)

 

 

私たちは思った。途中でうまく逃げる計画も既に打ち合わせていた。

 

 

 

当たり障りない話をし、

やがてその時がきた。

 

 

「実は聞いてほしい話があって」

リーダー的存在がきりだす。

 

 

(きたな)

私たちは身構える。

 

 

 

「実はあのパーティで私たちが一緒に話をした1人の人間と知り合って1週間で同棲をして、それから一昨日まで1年半付き合っていたけど、ふられたの」

 

 

 

 

「今日は元恋人の悪口を言って憂さ晴らしをしたくて、当時の人間に集まってもらいました」

 

ということだった。

 

 

全然マルチじゃなかった。

 

 

まず、知り合って1週間で同棲するって

違うベクトルのヤバイやつじゃんと思った。

 

 

 

それから面白い話を皆でたくさんして、

アフレになりました。

 

 

 

 

お友達ができてとても嬉しいなと思いました。

 

 

でもやっぱり違う意味でヤバイやつだと思った。

 

 

本当に面白い人で、色んな話をここに書きたいけど終わり。

 

 

 

糞とファックと酒と

アフレ(アルコールフレンズ)のみんな、お元気ですか

 

 

こちらはもっぱら飲酒に興じる日々です

 

 

糞みたいなことも多いですが、おファックされないようにアルコールをキメましょうね

もう夏みたいに暑いしさ

 

 

 

5月13日に戦争が始まるかもしれないらしい

 

 

イルミナティとかファティマの予言というやつ

 

 

昨今、人類史は新たなフェーズに突入している感じがするよね

 

 

割りとマジメに直近の地政学リスクはやばたんだし

 

 

資本のある大国のリーダー達が自国優先の閉ざした国家をこんなに明確に目指しているのも新時代のトレンドのように感じます

 

 

何はともあれ、死ぬときは死ぬし

 

 

生きている内は懸命でありたい

 

 

良い異星人さんとも一杯ヤリたいもんです

 

 

そういえばこの前家でナチュラルに糞を漏らした

ファックな日常、そういったときは部屋に花を飾ろう、寝室が味気なければアートでも置こう

 

 

忘れるべきことと忘れてはならないことがあると思います

 

根腐れてはいけない 

鍵垢太郎

 

 

 

昔々あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました

 

 

 

子宝に恵まれなかった老夫婦はせめて死ぬ前にと

 

 

 

自分達の垢で子供に見立てた人形をつくりました

 

 

 

 

翌日奇跡がおこりました、人形に命が芽生えたのです

 

 

 

 

老夫婦はその男の子に垢太郎という安易な名前をつけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垢太郎はSNSが大好きでした

 

 

 

 

 

 

 

 

垢太郎というDQNネームが故に現実社会で虐められた経緯もあり、インターネット上の距離感をたいそう気に入っていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意味深なメンヘラ短文を投稿してみたり

 

 

 

 

頭のおかしいフリをして自分の価値観はユニークかつシュールなものだと世間に訴えてみたりもしました

 

 

 

 

 

 

アニメアイコンはお気に入りの美少女キャラでした

 

 

 

 

 

 

ニュース投稿にペラペラの持論を被せては、頻繁に更新をしました

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は少なかったフォロワーも千、万と気づけば大変な人気者になっていました

 

 

 

 

 

 

 

「シメシメ、こいつら俺に夢中やな」

 

垢太郎は思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、盛りあるものは必ず衰えます

 

 

 

垢太郎の浅はかな発言はやがて物議を醸し

 

 

 

炎上するようになりました

 

 

 

 

 

 

「ヤレヤレ、まいったで」

 

 

 

 

 

 

垢太郎は遂に見ず知らずの人に住所を

突き止められる等しました

 

 

 

 

 

 

 

これに懲りた垢太郎はアカウントに鍵をかけました

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして彼は鍵垢太郎と呼ばれました

 

 

 

 

 

 

 

その後、彼は同じ類いのコミュニティの中で

平和に細々と暮らすこととなりました

 

 

 

 

 

 

 

「足るを知る」

 

彼のbioにはこの一文がポツリと書き記されていました

 

 

 

 

 

 

 

お爺さんとお婆さんは死にました

 

 

 

 

鍵垢太郎はそれを内緒にして年金を不正に受給して暮らしましたとさ

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたしめでたし